忍者ブログ
大正・昭和初期にパリにいた画家 八木彩霞
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
フリーエリア
バーコード
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

会  期 平成19年9月22日(土)~10月28日(日)
午前9時40分~午後6時30分(入室は午後6時まで)
月曜日休館(但し、9月24日、10月1日、8日は開館、翌火曜日休館
会  場 愛媛県美術館分館 郷土美術館2階
主  催 愛媛県美術館

 八木彩霞(1886(明治19)年~1969(昭和44)年)は松山市出身。本名は熊次郎。横浜で小学校教員として勤務するかたわら、ドイツ人画家リデルスタインに師事し、大正11年(1922)、旧松山藩主・久松定謨の依頼により、萬翠荘の壁画2面を制作。翌年、宮内省の依頼により明治天皇肖像画を奉納。大正時代末から昭和初期にかけてフランスへ留学し、ル・サロン入選。帰国後は愛媛県内の大山祇神社、大浜八幡の奉納画などを手がけた。洋画の堅実な写実技法を身につける一方で、軽妙な俳画等も残しており、「森永ミルクキャラメル」のパッケージデザインでも知られている。
 本展では、ご遺族より当館へ寄託いただいた洋画、日本画および資料により、大正から昭和にかけてひたむきに書き続けた八木彩霞の、画業の一端を紹介する。

<展覧会の様子>

萬翠荘展覧会1 萬翠荘展覧会2 萬翠荘展覧会3
萬翠荘展覧会4 萬翠荘展覧会5 萬翠荘展覧会6


<出品作品一覧>

No. 作品名 制作年 技法・素材 寸法(cm)
1 裸婦 グランショミール 1926 油彩・画布 78.0×57.0
2 ダゲール街のアトリエ 1927 油彩・画布 89.5×71.5
3 薔薇 1927 油彩・画布 58.0×51.0
4 雪中の猛虎 1942 油彩・板 91.2×120.5
5 鯉の滝登り 1942 油彩・画布 74.3×41.8
6 睡蓮 1950 油彩・画布 55.0×47.7
7 海老 1960 油彩・画布 42.8×50.3
8 瀬戸の船 1960 油彩・画布 46.8×38.1
9 石手川堤防 雪の朝 1963 油彩・画布 57.8×50.3
10 パリにて(八木彩霞、藤田嗣治、石黒敬七) 1927撮影 写真 58.0×73.0
11 森永ミルクキャラメル図案他 1918~ 写真他 83.0×58.7
12a 明治天皇肖像(複写) 原画1923 写真 58.4×41.0
12b 明治天皇肖像(写真)   写真 38.0×26.0
13 七月十七日史   墨・紙 112.0×30.6
14 左遷 山路越えて(西村清雄との合作) 1916 紙本墨画淡彩 132.5×31.9
15 ダンス 1928 紙本墨画淡彩 50.5×32.0
16 柿に雀 1938 紙本墨画淡彩 66.5×33.6
17 蚊遺り 1938-41 紙本墨画淡彩 33.0×48.0
18 棕櫚 1939-44 紙本墨画淡彩 113.0×30.5
19 菊に雀 1941-55 紙本墨画淡彩 112.5×31.0
20 自在 1949-55 紙本墨画淡彩 122.5×31.0
PR
忍者ブログ [PR]